糖尿病重症化予防研修 Seminar

多くの皆様からのお申込みありがとうございました。
受講いただける方へ既に受講決定通知および参加証を郵送しております。受講決
定通知および参加証未着の場合、辞退者発生時にご連絡させていただきます。ご
不明な点は運営事務局までお問合せください。

糖尿病重症化予防(フットケア)研修

ねらい

 生活習慣病対策、特に急増する糖尿病患者の重症化の予防は重要な課題となっている。平成20年4月から、糖尿病合併症管理料として、糖尿病重症化予防のためのフットケアについて、診療報酬が認められるようになった。
 糖尿病患者におけるフットケアとは、足病変の予防的なケアと早期発見や治療促進に向けたケアに留まらず、患者自身が足の手入れの必要性を実感し、継続的に実施できるよう意図的に働きかけることである。
 この研修会は、糖尿病看護におけるフットケアの意味を正しく理解し、フットケアの技術を学び、糖尿病患者のQOL向上に向けて、具体的な働きかけを出来る人材を育成することを目的としている。(本研修は、診療報酬算定要件である糖尿病足病変の指導に係る適切な研修における、日本糖尿病教育・看護学会の標準プログラムである。)
 

日 時

平成27年10月24日(土) 8:50~18:20(受付開始時刻 8:30)
平成27年10月25日(日) 9:00~18:30(受付開始時刻 8:30)
 

会 場

石橋文化センター  共同ホール2階
福岡県久留米市野中町1015
*研修に関する問い合わせは、第12回日本フットケア学会久留米セミナー運営事務局にお願いいたします。会場には問合わせないでください。
 

受講要件

  1. 受講生の所属施設が、糖尿病合併症管理料を算定するための要件のうち、本研修を受講すること以外の要件が整っている施設であること
  2. 所属長(院長や看護部長などの)推薦があること
  3. 2日間の研修プログラム全てに出席できること
  4. 日本フットケア学会員であること

参加費

5万円(昼食代含む)
*研修費は平成27年8月31日(月)までに下記口座に入金してください。
期日までに入金がない場合、参加資格が失効します。
≪支払口座≫ 福岡銀行 赤坂門支店(218) 普通 2060647
  第12回日本フットケア学会久留米セミナー
 

テキスト

『糖尿病看護フットケア技術 第3版』日本糖尿病教育看護学会(編集),日本看護協会出版会(発行)(各自でご準備下さい)
 

定 員

30名
 

修了証


研修の全プログラムに出席したものには、修了証が発行されます。
*本研修は16時間の研修時間が課せられおり、全プラグラムを修了した参加者のみに修了書を発行するものです。遅刻・途中退席等は認められません。
*本研修は「日本糖尿病療養指導士」認定更新のための第1群<看護職>の研修として4単位が認められます。
 

申込方法

平成27年4月15日(水)正午より申し込み受付を開始いたします。受付は先着順とし、定員に達した場合にはお断りします。第12回日本フットケア学会久留米セミナーホームページからのオンライン受付のみのお申込となります。
 

申込の流れ

  1. 申込フォームよりお申込いただくと、申込確認メールが送られます。(自動)
  2. 学会ホームページからダウンロードした(1)推薦書に加え、82円切手を貼付した長型3号封筒(必ず封筒表に申込者氏名、自宅または所属先住所が記載されたもの)を準備する。
  3. (1)を同封し、第12回日本フットケア学会久留米セミナー運営事務局に郵送にて送付する。封書の表書きに必ず、「糖尿病重症化予防(フットケア)研修参加申込み」と明記すること。
  4.  
   *申込書類内容が参加条件に適合していることを確認した後、受講票・プログラム・会場案内
     図を郵送しますので、必ず受講資格を確認したうえで参加費を送金して下さい。
    (参加費の入金確認を以って、手続きの完了と致します)
   *受講票等が平成27月8月20日(木)までにお手元に届かない場合は、事務局までご連絡下さい。
   

注意事項

  • 連絡先を所属先としている場合は、郵便物が確実にお手元に届くように所属の部署まで丁寧に御記入下さい。
  • やむを得ない理由で研修に参加できなくなった場合は学会事務局に事前に連絡ください。参加費は送金手数料を差し引いて原則返金いたします。領収証は参加当日に発行いたします。
  • 頂いた個人情報は、本学会が主催/共催する研修会に関するご案内のみに使用します。氏名・生年月日・所属施設・修了書番号は本学会で保存させて頂きます。

参加申込みフォーム

※参加申込は終了いたしました。
多くの皆様からのお申込みありがとうございました。
ご参加の可否につきましては、後日郵送にてお知らせ致します。
欠員がありましたら、ホームページにてご案内いたします。

問合先

第12回日本フットケア学会久留米セミナー運営事務局
〒810-0073 福岡市中央区舞鶴3丁目1-27第2理研ビル2F (株)日本ジーニス内
TEL:092-406-2646(平日10:00-17:00) FAX:092-406-2467
 E-mail:info@footcare2015.com

糖尿病重症化予防(フットケア)研修プログラム

 
■ 1日目  平成27年10月24日(土)
8:30~ 受  付
8:50~9:00 オリエンテーション
9:00~10:00 講義1 『糖尿病患者の療養を支えるフットケア』
講師:畑中 あかね(大阪医科大学)
10:00~10:10 休  憩
10:10~12:10 講義2 『糖尿病患者の足病変 ~病態生理から治療まで~』
~病態生理から治療まで・糖尿病の病期や合併症に応じた観察ポイント~
講師:家城 恭彦(黒部市民病院)
12:10~13:10 昼  食
13:10~14:40 講義3 『糖尿病患者のフットケアのためのアセスメント(1)』
~足の状況・全身状態・生活状況・セルフケア状況のアセスメント~
講師:小江 奈美子 (村上華林堂病院) 
14:40~14:50 休  憩
14:50~16:20 演習1 糖尿病患者のフットケアのためのアセスメント
講師:永渕 美樹 (佐賀大学医学部附属病院)
16:20~17:50 演習2 事例分析と評価(1)( グループディスカッション まとめ)
講師:藤井 純子(佐賀大学医学部附属病院)
17:50~18:20 講義4 『糖尿病患者のフットケアのためのアセスメント(2)』
講師:藤井 純子(佐賀大学医学部附属病院)
 
■ 2日目 平成27年10月25日(日)
8:30~ 受  付
9:00~10:00 講義5-(1) 『フットケアの実際~予防のためのセルフケア支援』
講師:山田 明子(JCHO九州病院) 
10:00~11:00 講義5-(2) 『フットケアの実際~予防のためのセルフケア支援(足病変悪化予防のための方法)』
講師:尾形 由貴子(聖マリア病院) 
11:00~11:10 休  憩
11:10~12:00 演習3 フットケアの実際(1)
講師:砂山 裕子(社会保険 小倉記念病院)
12:00~12:50 昼  食
12:50~14:20 演習4 フットケアの実際(2)
講師:砂山 裕子(社会保険 小倉記念病院)
14:20~14:30 休  憩
14:30~16:30 演習5 事例分析と評価(2)(ケア計画立案 まとめ)
講師:中尾 友美(聖マリア学院大学 / 聖マリア病院)
16:30~16:40 休  憩
16:40~17:20 演習6 今後の糖尿病重症化予防(フットケア)の活動に向けて
~自施設における、今後のフットケア活動計画~
講師:桃坂 真由美(九州大学病院)
17:20~18:20 講義6 『糖尿病重症化予防におけるフットケアの評価と今後の課題』
講師:米田 昭子(山梨県立大学)
18:20~18:30 おわりに
ページ最上部へ